トレーニングによってワーキングを直接鍛える【後編】(「感情のコントロール」を科学的に理解する:その15)

トレーニングによってワーキングを直接鍛える【後編】(「感情のコントロール」を科学的に理解する:その15)

脳の中枢機能である「ワーキングメモリ」においては、適切な判断を下すために、メモリに蓄積された「英知」を、感情に追い越されずにワーキングが瞬時に取り出す必要があるため、ワーキングの方がよ...

トレーニングによってワーキングを直接鍛える【前編】(「感情のコントロール」を科学的に理解する:その14)

トレーニングによってワーキングを直接鍛える【前編】(「感情のコントロール」を科学的に理解する:その14)

適切な判断をするための英知(情報)を保持する「メモリ」は、経験を重ねることによって拡大させることが出来る。 一方、「ワーキング」の方は、残念ながら経験を積みさえすれば「自...

経験と共に拡大する「メモリ」・経験だけでは改善できない「ワーキング」【後編】(「感情のコントロール」を科学的に理解する:その13)

経験と共に拡大する「メモリ」・経験だけでは改善できない「ワーキング」【後編】(「感情のコントロール」を科学的に理解する:その13)

感情任せにならない適切な判断を下すためには「記憶の箱」である「メモリ」よりも、「メモリ」から必要な情報を引き出して処理する「ワーキング」の方が重要である。 しかし、経験を...

経験と共に拡大する「メモリ」・経験だけでは改善できない「ワーキング」【前編】(「感情のコントロール」を科学的に理解する:その12)

経験と共に拡大する「メモリ」・経験だけでは改善できない「ワーキング」【前編】(「感情のコントロール」を科学的に理解する:その12)

脳が物理的に大きくなる「脳の成長」には英知の蓄積である「メモリ」が、そして、脳の情報処理過程が安定化する「脳の成熟」には「ワーキング」が関係していることがわかった。 ...

感情コントロールが出来ない原因はワーキングメモリにあった(「感情のコントロール」を科学的に理解する:その8)

感情コントロールが出来ない原因はワーキングメモリにあった(「感情のコントロール」を科学的に理解する:その8)

感情任せの判断にならないように、自分の中にある「記憶」から呼び覚まされた「英知」に基づいて、「反応を返すための情報処理を瞬時に行う」役割を担う脳の前頭前野に備わる「ワーキングメモリ」。...

適切な判断のカギを握るワーキングメモリ(「感情のコントロール」を科学的に理解する:その7)

適切な判断のカギを握るワーキングメモリ(「感情のコントロール」を科学的に理解する:その7)

「感情」に追い越されずに「瞬時に処理する」ために、前頭葉内では、その前側部分を占める「前頭前野」という脳の最高中枢が、「適切な行動」を選択するための「瞬時の情報処理機能」を担っているこ...

感情をコントロールするために、刺激に対する反応を遅らせる【後編】(「感情のコントロール」を科学的に理解する:その4)

感情をコントロールするために、刺激に対する反応を遅らせる【後編】(「感情のコントロール」を科学的に理解する:その4)

人間は、生まれた時から分別がついて感情コントロールが出来るわけではなく、年を取るにつれて、分別もつき、「感情コントロール」も出来るようになってくる。 そして、その「感情コ...

感情をコントロールするために、刺激に対する反応を遅らせる【前編】(「感情のコントロール」を科学的に理解する:その3)

感情をコントロールするために、刺激に対する反応を遅らせる【前編】(「感情のコントロール」を科学的に理解する:その3)

「新しい成功」のカギを握る「感情コントロール」の問題は、脳の情報処理システムの仕組みから、「前頭葉の機能不全」であることがわかった。 外部から受け取った情報や刺激に対して...

「感情のコントロール」を科学的に理解する(その1:「新しい成功」のカギを握る「感情」という厄介な存在)

「感情のコントロール」を科学的に理解する(その1:「新しい成功」のカギを握る「感情」という厄介な存在)

私たちは本能的に「快の感情」=「幸福感」を求めるように出来ており、どんなに社会的な成功をおさめ、物質的に満たされたとしても、それによって「快の感情」を得られなければ「成功」とは言えない...

スポンサーリンク